悟りの体験

★悟った人の体験談(2021.9.13)

2021年9月13日

悟った人の体験(アトマ・サクシャトカラ体験)と、ディバインの物理的顕現の体験(バガヴァット・サクシャトカラ体験)が、毎日、シュリ バガヴァンご本人の投稿により英語でテレグラムにアップされます。
シュリ バガヴァンの臨在と祝福をとても強く感じます。ぜひどうぞお入りください。

Telegram
Family of the Great Compassionate Light‐Gifting Awakening‐International
https://t.me/The_Great_Compassionate_Light

アトマ・サクシャトカラ体験

ナマステ
アンマバガヴァン シャラナム

🌺 私の愛するシュリ・バガヴァンとシュリ・アンマに、生涯の祝福を受けたことに、惜しみない心からの感謝を捧げます。

🌺数年前、私は深い落ち込みに見舞われていました。息をするのも、歩くのも苦しくなっていました。私がここで自分の経験を分かち合うことができるのは、アンマバガヴァンの全くの奇跡です。

🌺 74000ディクシャ・ヤグナの後、人生に360度の変化がありました。

🌺 もう肉体的にも精神的にも苦しむことはありません。苦しみは努力することなく楽に存在しなくなりました。

🌺 絶え間なく続く思考のおしゃべりは永久に終わりました。

🌺 私のエネルギーを全て吸い取っていた内なる議論はもう存在しません。

🌺 持ち越しは、もう私の辞書にありません。過去の苦しみも、未来への恐れも、自動的にぬぐい去られます。私は今現在を生きています。

🌺 私は現実をありのままに経験しています。何であれ、そこにあるものは.....、ただそこにある... は、強力な洞察と今も常に続く体験となっています。

🌺 以前の私は、仕事をするのに苦労していました。仕事はもう負担ではありません。今では楽しい体験になっています。自分がやっているという感覚はありません。 自動的に起きています。

🌺 人、自然、全てとの繋がりが第二の皮膚のようになりました。私がなんら努力しなくても。

🌺 アンマバガヴァンとの絆が強まりました。彼らとの聖なる交わりはしっかりと確立されています。

🌺 シューニャター(空)、ジョッティ(光)、 パンチャプラーナ(5つのエネルギー) - かつては意味のない専門用語でしたが、今では私の深遠な体験となっています。私は、全てがこのシュリシュティの中にあることを理解することができます。そして、私もその中にいます。

🌺私は、自分がサッチターナンダ・パラブランマーであることを体験しています。

🌺 人生は美しいです。

🌺 この大切な人生を私に与えてくれた、私の愛するシュリ・アンマとバガヴァンに一千万の感謝を捧げます。

スバシュリージ、ティルチラーパッリ、タミル・ナードゥ

(訳者:松山)

ナマステ
アンマバガヴァン シャラナム

バガヴァット・サクシャットカラ・プロセスが始まって以来、驚くべき物理的な奇跡の映像が、ダルマのソーシャルメディアで世界中に広まっています。それらを見ていると、私のささやかな住まいでもそのような体験に恵まれたいという深い憧れが湧いてきました。

私はアブダビに住んでいます。そこで、親愛なるアンマバガヴァンのために、ナッツで作られたここの郷土料理である「バクラヴァ」を購入しました。シュリムルティの前にナイヴェディヤム(神への供物)としてそれらを捧げ、アンマバガヴァンがこの謙虚な供物を受け入れてくださるように熱心に祈りました。

次の日、私はアンマバガヴァンがそのお菓子を気に入ってくださったかどうかを知りたいと思いました。シュリムルティに向かって元気よく駆け出した私は、信じられないような奇跡が私の目の前で繰り広げられているのを実際に見て、驚愕しました。アンマバガヴァンが、このひたむきな魂を喜ばせようという純粋な思いやりから、本当にバクラヴァの角を少しだけかじられたのを見て、私の心臓は高鳴りました。

この息を呑むような奇跡を体験して、私の愛するアンマバガヴァンへの感謝の気持ちは尽きることがありませんでした。私の家は、アンマバガヴァンの恩寵に満ちたプレゼンスで満たされています。私はもう一人で生きているのではなく、私の神聖な両親と切り離されることなく、彼らの愛の抱擁の中で安全に生きているのだと感じています。

シュリ・アンマバガヴァンの神聖な蓮華の御足元に永遠にアナンタコティ・プラナームズを捧げます。

ラダー博士、アブダビ

(訳者:松山)

★本日の写真

本日、️シュリ バガヴァンご本人の投稿により、テレグラムにアップされた写真です!

https://t.me/The_Great_Compassionate_Light/16211

-悟りの体験

error: コピーはできません(Content is protected)