悟りの体験

★悟った人の体験談(2022.02.10)

アトマ・サクシャットカラ 体験

私は、長年に渡って人生を変えるようなプロセスに何度か参加するうちに、自分の意識が広がってきたように感じます。

私は今を生きています。喜びの瞬間をより頻繁に体験するようになりました。
苦しみはごく短時間で終わります。

内面が穏やかで、平和で、リラックスした状態です。自分の中で起こっていることが何であれ、それが恐怖であれ、その他の感情であれ、強く気づくことができるのです。邪魔が入っても、すぐに気づきの明かりが灯り、再び平和な状態に戻してくれます。
私の内なる穏やかさ、平和、リラックスの状態は、他の人にも良い影響を与えています。

以前はよく、「なぜ、あの人はこんなことをしたのだろう?なぜ、彼女はこんなことを言うのだろう?なぜ、彼らはこのように振る舞ったのだろう?」など、家や職場で小さなことに影響されていたのです。
しかし今は、私の周りには保護のシールドがあるので、このようなことに惑わされずにいられるのです。

将来への不安はまったくなく、事業を大きく確立するための明確なプランを持っています。物事は、ただ起こっているのです。すべてがうまくいっているのです。

夫はすぐにイライラする人でしたので、私は以前は「どうして平穏に過ごせないんだ!」と彼をジャッジしていました。繋がりのない状態だったのです。
でも今、私は繋がりと思いやりのある状態から行動しています。最近は本当にうまく繋がっています。

シュリ・アンマバガヴァンが私たちに下さった、悟りという素晴らしいギフトに、心より感謝いたします。

ハニー・ヴァッチャニ
ムンバイ

(訳者:中川)

バガヴァット・サクシャットカラ 体験

バガヴァット・サクシャットカラのプロセスの間、シーラ(インドのプディング)をプラサード(供物)としてお供えし、プージャルームのドアを閉めました。
プロセスの間、水滴がシュリムルティのラミネートの中に現れましたが、のちに消えました。

翌日、私たちがプージャルームのドアを開けたところ、シーラを入れたボウルが完全に空っぽになっていてスプーンが遠くに横たわっていました。

私のアンマバガヴァンが、お供物を召し上がることで我が家に彼らの物理的な顕現を見せてくださったのです。

この素晴らしい顕現の奇跡をくださったアンマバガヴァン、本当にありがとうございます。

プラシャント・シン
ムンバイ

(訳者:中川)

本日の写真

悟った人の体験(アトマ・サクシャトカラ体験)と、ディバインの物理的顕現の体験(バガヴァット・サクシャトカラ体験)が、毎日、シュリ バガヴァンご本人の投稿により英語でテレグラムにアップされます。
シュリ バガヴァンの臨在と祝福をとても強く感じます。ぜひどうぞお入りください。

Telegram
Family of the Great Compassionate Light‐Gifting Awakening‐International
https://t.me/The_Great_Compassionate_Light

-悟りの体験

error: コピーはできません(Content is protected)